妊娠線予防クリームはなんでもいい?|実際に使ったおすすめアイテムを紹介!

妊娠すると心配なことがいっぱいありますが、その中で妊娠線予防はプレママの悩みの一つですよね。

お腹が大きくなって赤ちゃんの成長を感じられる嬉しさと一緒に、妊娠線ができないようにしたい気持ちも大きくなるのではないでしょうか。

私も2人妊娠出産していますが、妊娠線予防はどうしたらいいか、なんでもいいのかな?と調べました。

高額なクリームから低価格で試せるものまで調べた結果、私は高額なものは使いませんでした。

この記事では、妊娠線予防のクリームはなんでもいいのか?妊娠線予防の本当の目的と、私が実際に使ったアイテムについてまとめました。

妊娠線予防にお金をかける必要はないですよ!

目次

妊娠線予防のクリームはなんでもいい?

妊娠線予防のクリームはなんでもいいんでしょうか。

結論はなんでもいいし、そもそも妊娠線予防のクリームやオイルで妊娠線予防はできないんです。

クリームやオイルなど肌に塗るものでは、保湿はできても妊娠線の予防をするまでにはならないという研究結果があります。

実際に高額なクリームやオイルを使ったけど、妊娠線ができてしまったという人は多くいます。

高い妊娠線予防のクリームやオイルを使って、妊娠線ができてしまったらショックですよね。

先ほどの研究結果の中では、クリームやオイルを塗ることで妊娠線ができてしまってもQOLが上がるということもわかっています。

高額な妊娠線予防クリームやオイルで妊娠線は予防できません。

ですが、保湿してお腹周りのかゆみを抑えたり、好きなブランドのクリームやオイルを使って妊娠中のQOLは上げることを目的にすると、ショックが少なく済むかもしれません。

妊娠線予防のためというより、保湿と気分良く過ごすために使うというくらいの気持ちで利用するのがいいですよ。

私が実際に使ったクリーム、オイルはこれ!

妊娠線予防にクリームやオイルは意味がないんですが、私はクリームやオイルを利用していました。

目的はこの2つです。

【私が保湿クリームやオイルを利用した理由】

  • お腹周りの保湿、かゆみ軽減
  • お腹周りのケアをして妊娠期間を楽しみたい

妊娠線予防を目的にしていなかったので、妊娠線予防を目的にした高額なアイテムは一切使っていません。

そして、2人出産を終えて妊娠線はできませんでした。

これは体質だったり、体重の増加ペースだったり、理由はいろいろあると思います。

そんな私がどんなアイテムを使って過ごしたかをまとめました。

妊娠線予防クリームはなんでもいいのかが気になっている人の参考になれば嬉しいです!

私が使ったクリーム、オイルはこれ!:一人目のとき

一人目で妊娠線できないに越したことはないと調べたけれど、妊娠線予防ができないというし、商品は高額なものばかりだったので、こちらの2アイテムで対策しました。

【私が使ったクリーム、オイルはこれです!】

  • ニベア青缶
  • 無印ホホバオイル

どこでも手に入ってお手頃価格のニベア青缶と、化粧品やボディケア用品が人気の無印の組み合わせです。

今でもやっている人はいるようですよ。

なぜニベア青缶と無印良品のホホバオイルを組み合わせるかというと、ニベア青缶だけでは伸びが悪いんです。

お腹が大きくなってくると、お風呂入るのもその後の保湿も髪を乾かすのも全部シンドくなってきます。

時間をかけずにサッと伸びてしっかり塗れることが、毎日続けるケアの大切な条件です。

無印良品のホホバオイルと一緒に塗ることで保湿力も上がるし、伸びもよくなって塗りやすいのでおすすめです。

そして、何より安いです!

ニベア青缶が約500円、無印良品のホホバオイルが約2,500円で合わせて約3000円

高額なクリームやオイルの半額くらいで済みますし、この値段ならたっぷり使って保湿できます。

私の場合、妊娠期間中に1回買い足しましたが、出産してからも使えるものなので無駄にならないのもいいですよ。

\保湿ならニベア!安くてたっぷり使える!/

\Amazon、楽天の無印公式店がおすすめ!/

無印良品
¥2,490 (2022/11/25 11:36時点 | 楽天市場調べ)

私が使ったクリーム、オイルはこれ!:二人目のとき

二人目のときは、お風呂上がりはとても忙しくて、一人目の体を拭いたり保湿したりオムツ履かせたりとバタバタしてました。

なので、ずっとお腹周りのケアは後回しになっていました。

さすがにお腹が大きくなってくると乾燥が気になって、一人目と同じニベア青缶+無印ホホバオイルにしようかと思いました。

ですが、ドタバタしているところで、2種類使うのはちょっと大変ということで、こちらのアイテムにいきつきました。

妊娠線予防にはならないけど、保湿に最適ニュートロジーナボディクリーム

ニュートロジーナのボディクリームです。

このボディクリームを選んだのは保湿力はもちろんですが、ポンプタイプだというところなんです!

とにかくサッと手間なく終わらせたかったので、ポンプタイプであることは絶対条件でした。

ポンプタイプだからか、伸びも良くて塗りやすいのでめちゃくちゃおすすめです。

値段もニベア青缶+無印ホホバオイルよりさらに安い約2,200円ですし、どこでも手に入る手軽さもいいんです。

産後の今もひじやひざ、首周りやかかとなどに愛用していて、この商品に出会ってよかったー!と思うほどです。

お腹周りのクリームやオイルみんなは何を使ってる?

妊娠線予防は難しいですが、みんなお腹周りを保湿したり、お気に入りのブランドでケアしたりしていますよ!

どんなクリームやオイルを使っているのかまとめました。

お腹周りのクリームやオイル何使ってる?:無印良品

無印良品のオイルを使っている人はかなり多いです。

スウィートアーモンドオイルが人気みたいですね!

無印良品のオイルは値段が安くて、どこにでも使えるので本当におすすめですよ!

お腹周りのクリームやオイル何使ってる?:ワセリン

ワセリンといってもクリームやローションタイプなどいろいろとあるみたいですよ。

ワセリンの保湿力はみんなよく知っていますし、テクスチャもいろいろあって安い!となれば使ってみようとなりますよね。

妊娠線予防のクリームはなんでもいい? まとめ

妊娠線予防クリームはなんでもいいのか?と実際に私が使ったクリームやオイルをご紹介しました。

妊娠線はクリームやオイルなどで予防できないことが研究でわかっていますので、高額なものでなくてもなんでもいいんです。

乾燥からくるかゆみを防止する、お気に入りのクリームやオイルで妊娠中のQOLを上げるという目的で毎日たっぷり塗ってあげるのがよさそうです。

私は高額な妊娠線予防クリームは使わずに、コスパのいいものをたっぷり使って過ごしました。

あなたもお気に入りのクリームやオイルを塗ってQOLをドンドンあげて、マタニティライフを楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次